ごあいさつ

 当センターは若年者から高齢者に至るまで、膝関節疾患に特化した専門治療施設として立ち上げました。
膝関節疾患と言っても多岐に渡り、活動性の高いスポーツ選手のものから、年齢やリウマチなどの炎症性疾患の進行とともに膝が変形して痛みが生じる変形性膝関節症まで、患者さんの年齢や疾患のバックグラウンドも個人個人で異なります。
私どもは最新かつ最高の医療を提供できるよう、患者さまの状態に応じて治療方法を選択するオーダーメイド治療で、日々、診療を行っています。

当センターでの治療の特色

膝疾患の治療方法には、保存療法と手術療法とがあります.保存療法のうちリハビリテーションは非常に有効かつ重要な治療方法です。中高年者の変形性膝関節症などでも、手術までは必要のない方に対しては、外来または入院でのリハビリテーションも積極的に行ってもらっています。
また、スポーツ復帰を目指す方に対しては、通常の病院で行われる病院内のリハビリ施設だけではなく、患者さんの状態やリハビリの達成度などにより関連施設のフィットネスクラブ(SHIN-SHIN、疾病予防研究所)でマシーンやプールなどを利用してリハビリを行い、スポーツトレーナーによる指導も行っています。
スポーツ選手の靭帯や半月損傷の手術では関節鏡を用いた傷の小さな鏡視下手術を行っています。
中高年者の膝関節痛では保存療法を行った上で、慎重に手術のタイミング、方法を決定します。膝の悪化状態も当然、一人一人異なり、患者さまの状態に応じて、低侵襲の関節鏡手術、骨切り術、根治的な人工膝関節手術(人工膝関節全置換術、人工膝単顆置換術)を選択しています。

1) 膝の変形(変形性膝関節症、リウマチなど):
膝に変形があって痛いからといって、すぐに手術が必要とは考えていません。

1.
年齢、膝、全身などの状態にもよりますが、可能であれば、まず、リハビリテーションなどの手術以外の治療を試みます。
2.
手術の方法を決める際でも、可能な限り患者様に負担の少ない関節鏡(内視鏡)、骨切り術(脚の変形の矯正)などの低侵襲手術で対応できないか検討します。
3.
治療としての最終手段として人工膝関節置換術(TKA)があります(TKAへ)。TKAは痛みをとる上で大変、有効な方法ですが、より身体に負担の少ない、関節の一部だけを取り換える単顆置換術(UKA) (UKAへ)が適応できないか十分に検討します。
4.
人工関節は主にご年配の方に対して行います.ただ、高血圧や心臓病など全身的にもすでに病気をお持ちの方も多いため、手術合併症を限りなくゼロに近づけ、患者様に安心して頂くことをスローガンに適切な予防、治療を行います。

2) スポーツ外傷、障害:
スポーツをされる方々はプロレベルからスポーツをたしなむ程度まで多様です。

1.
スポーツ復帰を目指す方々に対しては、通常の病院で行われる病院内のリハビリだけではなく、患者さんの状態やリハビリの達成度などにより関連施設のフィットネスクラブ(SHIN-SHIN疾病予防研究所)でマシーンやプールなどを利用してリハビリを行い、スポーツトレーナーによる指導も行っています。
2.
中高年のスポーツ愛好家は、すでに膝に年齢的な変化が起こっていて、痛みなどがある場合があり、スポーツ復帰という観点からだけではなく、“膝関節の症状を悪化させない”という観点からも治療を行います。
3.
手術は可能な限り、関節鏡(内視鏡)を用いた低侵襲手術を行います。靭帯再建、半月板手術、さらには全身のコンディショニングを通して、“けがをする前のスポーツレベル、パフォーマンスを取り戻す”という治療方針で臨んでいます。